営業テクニックに関して

テレアポは最強のプッシュ型集客だ!新規営業にはテレアポ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セールスデザイン古瀬です。

今回はテレアポについて書きます。

テレアポは新規営業には必須の「最強のプッシュ型集客」だと思います。

テレアポってきついの?
テレアポって辛いの?
テレアポって意味あるの?
テレアポって迷惑じゃないの?

やった事がない方は、

「きつくて辛くて意味がない迷惑行為」

だと思っているでしょう。

否。

きつくて辛いのは認めますが、
意味はありますし、迷惑ではありません。

→迷惑だと思ったら営業はできません。

そもそもテレアポってなに?

アナログな昔からある集客行為です。

ターゲットをリスト化し、そのリストの会社に向かって電話をかけて接触し、
「情報収集とアポイントを得る」ためのプッシュ型集客行為です。
会いたい会社に電話をかけてアポイントを頂くわけです。もちろん興味を持って下さらないとアポイントは頂けません。

 

一歩間違うと迷惑行為!?

テレアポは準備を間違えると迷惑行為になります。

「誰に何をどのように売るか」

を考えてセールスデザイン(営業の流れを組む事)をした上で

「リストに対してどんなトークでどのようにアポを獲得するか」を固めてから行わないといけません。

商品を喜んで買うと思う会社リストに目がけて荷電するわけですね。

もしターゲットがズレていたり、電話帳の上か、下に荷電したりするなら迷惑行為になります。誰にでも受け入れられる商品なら別ですが。

なぜ最強のプッシュ型集客なのか?

努力とテクニックで商談数をコントロール出来るからです。

ウェブ問い合わせや紹介などは重要なリードです。ナーチャリングしながら見込みを育て、インサイドセールスを活用するのも良いでしょう。ただし時間がかかります。ある程度投資出来て人がいるならもちろんやるべきです。あと待ちの集客は数のコントロールがききません。

即効性はテレアポ。

頑張ればすぐに、頑張ればたくさんアポを確保出来ます。安定した売上には安定した新規訪問が必要です。

会いたい会社に今日会いに行き、今日受注できるかもしれないわけですから。

またWEB問い合わせは顕在化したニーズしか拾えません。

お客様すら気づいてない隠れたニーズは商談での惹きつけやヒアリングからしか生まれません。そのためプッシュ型のテレアポが効果的です。

 

トークやテクニックに関してはまた後日書きます。

 

まとめ

  • セールスデザイン(営業の設計)をしっかりしてからのテレアポは有効
  • 新規訪問の数を確保できる
  • 隠れたニーズを拾える(プル型集客では拾えないニーズ)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「法人新規営業の実行マニュアル」無料配布

「新規営業の方法がわからない」「新規営業がうまくいかない」営業の悩みは尽きません。

法人新規営業を成功させるためにはセールスデザイン(営業設計)をすることが大事です。

全体の流れを設計し、仮説をもとに実行し、PDCAを回すことが必須です。

本マニュアルは法人新規営業の為の実行マニュアルとしてセールスデザインの一例をご紹介いたします。

今すぐDLする

人気記事

コメント

コメントを残す

*