営業テクニックに関して

信頼を作りましょう。新規営業では何を意識して信頼を作ればよいのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セールスデザインの古瀬です。

新規営業の基本というか社会人としての基本です。

いくら商品が良くても、人として営業マンが気に入らなければ絶対に売れません。

ビジネスに限定しなくても信頼が全てです。

信頼の作り方

①尊敬される

・プロとして認められる

→商品知識や提案、話し方から仕草まで見られます。詳しい知識や相手に合った提案、堂々とした振る舞い、尊敬できる人間、尊敬できる見た目。会った瞬間から見られてます。

・実績がある

→人に認められている人を尊敬します。

 

②約束を守る

・小さな約束でも積み重ねる

→あとで調べますと言ったら必ず調べて早く連絡をしてあげる。返報性といいますが、人は相手の親切には答えたい生き物です。

→時間を守る。誠実な印象を与えます。出来れば2〜3分早く訪問する。

・約束を破らない

→一度でも破るとまた信頼は一から積み重ねないといけなくなります。

 

③期待を超える

・早いレスポンス

→相手に重要視してくれたという印象を与える。

・相手の求めている以上の提案

→人は期待以上の提供を受けると感心、感動します。

 

当たり前の事ですが、

忙しいと欠けてしまう人はもいるようなので。

たまには自分の胸に手を当てて考えてみましょう。

 

まとめ

尊敬されるには、「外見」「振る舞い」「話し方」「知識」などです。

尊敬されるビジネスパーソンであるかをまずは意識しましょう。

その後意識的に約束を交わし守っていくこと。

最後に、

お客様の期待は人それぞれ。

しっかりヒアリングして価値観、判断基準を把握して、

それ以上のアウトプットを出しましょう。

参考:新規営業でアポイントを無駄しない究極のヒアリングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「法人新規営業の実行マニュアル」無料配布

「新規営業の方法がわからない」「新規営業がうまくいかない」営業の悩みは尽きません。

法人新規営業を成功させるためにはセールスデザイン(営業設計)をすることが大事です。

全体の流れを設計し、仮説をもとに実行し、PDCAを回すことが必須です。

本マニュアルは法人新規営業の為の実行マニュアルとしてセールスデザインの一例をご紹介いたします。

今すぐDLする

人気記事

コメント

コメントを残す

*