営業マインドに関して

営業はお客様の為に、そして自社と自分の為に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セールスデザインの古瀬です。

最近ご無沙汰ですが、ブログを開始して毎週SEOを意識したコンテンツ作りのおかげか、

更新しなくてもアクセスが微増しております。

 

意識していたワードは

インバウンド

アウトバウンド

あたりです。

「インバウンド 新規営業」

「アウトバウンド 新規営業」

このあたりではGoogleで5位~15位くらいにヒットするようになりました。

SEO対策が効いたからか、それとも4月5月で営業にお困りの方が増えたからかはわかりませんが

これからも営業に関して感じた事、思っていることを書いていきます。

 

本日のテーマは、

「営業はお客様の為に、そして自社と自身の為に」

です。

 

営業は売ってなんぼの世界です。売れない営業はただのコストです。

しかし、お客様に営業をして将来的な見込みつくりをしっかりしているなら、

その時に売れなくても意味はあります。いつかは自社に利益をもたらすでしょう。

でもやはり売りたいですよね。その為に一生懸命に営業をするのは正解です。

ただし無理やり売ろうとする事は逆効果です。

今売れる事、将来的に売れる事、この2点を意識しましょう。

 

お客様の為とは一体どういうことでしょうか?

 

相手の価値観を理解する

お客様がどんなビジネスをしていて、

どんな課題があるかを理解し、

それに合った商品や提案でなければ押し売りです。

押し売りで売れる時代ではありません。

相手に合った価値を提供する提案をしましょう。

参考:新規営業でアポイントを無駄しない究極のヒアリングとは?

 

自信をもって提案する

自信を持って提案できる商品、提案でなければ、

どんなにお客様にメリットがあってもお客様は買いません。

伝わりません。それはお互いに不幸な事です。

商品・提案をより魅力的にするのは自信。

まずは商品を理解してメリットを把握し、

自信を持って提案しましょう。

またお客様の価値観がわかれば、

価値観に合った提案ができるでしょう。

 

相手の為にできることを探す

相手の価値観に商品・提案が合わないことがあります。

また時期が合わない時もあります。

そんな時は無理やり提案しなくてよいです。

その時考えなければいけないことは、

相手の為にできることを探すこと

お客様に合った他社の商品・サービスや、

お客様に合った情報や、

お客様に合った人を紹介してあげる。

これが非常に大事です。

商品はそのとき売れなくても、

良い印象が残ります。

いつか必要な時には連絡が来て買っていただけるでしょう。

また他のお客様も紹介してくれます。

 

まとめ

・相手の価値観に合った提案をする

・自信を持って提案する

・「相手の為に」が全て

上記を意識することで最終的に自社や自身の為になるという事です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人気記事

コメントを残す

*